ぺんぎんのゲーム今更情報 速報?いいえ既報です

昔のゲームをだらだらと紹介していくブログです

【雑記】ゲームの効用は科学的に証明されています。でもそれだけではダメだぜ!

 どうも、子どもの頃、ファミコンに夢中に

なり、しょっちゅう、親から怒られていた、

ぺんぎんです!

 

最近の研究では、悪者にされていたゲームが

実は、そんなに悪くないんじゃね?

むしろ、プラスの面もあるやん!

ってことを、証明するデータが、徐々に

出てきています。

俗に言うエビデンスってヤツ?

 

しか~し、あえて言おう!

それだけじゃ、ダメだと!

(カスじゃねーから) 

 

ゲームの世界はデジタルな世界です。

人間がデジタルの世界を創り出して何年が

経ちますか?

まあ、せいぜい50年程度という

ところではないでしょうか?

 

一方で! 200万年もの間、原始的な

生活をしてきたのが人間です。

つまり、ポッと出のデジタル世界に浸り

続けると、ヒトはおかしくなるんです!

だって科学の進歩に、遺伝子のアップデート

が追いついてないから!

 

そんな旧式のヒトが、正気を保つにはどうす

ればいいのか?

ずばり言いましょう、自然に触れましょう!

と言う訳で、

今日はゲームソフトではなくこの本を

紹介しましょう。


最高の体調 ACTIVE HEALTH

体調を整える為の、いろんなことが

書かれています。

僕の、一番印象的だった、一節を

紹介します。以下は、本からの引用です。

自然との触れ合いにより、確実に人体の

副交感神経は活性化する 。

 僕は、医学の専門家ではない素人なので

それだけはことわっておきます。

以下、この本を読んだ僕の理解です。

人体は、相反する2つの自立神経系に

支配されています。

一つが交感神経、もう一つが副交感神経

です。 簡単に言うと

戦闘モードになったとき、体を支配するのが

交感神経、

(FF的にいうとバーサーカー状態?)

リラックスモードの時に、体を支配するのが

副交感神経です。

(DQ的にいうとラリホーにかかって熟睡?)

ごめ~ん、またふざけちゃった。

なんとしてもゲームネタに絡めたい。

 

人間の体は環境によって、緩い、

きついをスイッチによって

切り替えているらしいのです。

様々な要因によって、スイッチの切り替えが

上手くできなくなるのが

自律神経失調症です。 特に聞くのが、

戦闘モードがとけない人です。

緊張状態が続き、休み方を忘れてしまう

らしいです。

(真面目な人に多いみたいです)

 

でも大丈夫!科学の素晴らしい進化によって

リラックス状態を取り戻せる、活気的な

方法がわかったのです。

はっきり言って、どんな高級マッサージより

効くらしいです。

 

それは 「公園に行く」 ことです!

(そんな単純って思った? 俺も!)

公園に行けばいくほど心と体は改善していく

のです。

早朝散歩も、かなりいいそうです。

(心身共に)

つまり原始的な人間は、自然に触れるほど

いい効果が現れるということです。

(人間を一段高みに置くのはやめようぜ。

 所詮、動物で自然の一部やで)

 

 そして、自然の力の驚異をもう一つ説明

しましょう。 今まで読んで頂いた方で

こう思った人いませんか?

「はぁ~?近くに公園ないんですけど~?」

とか

「忙しすぎて行くヒマねーわ。暇なぺんぎん

 と一緒にすんなや!」

こう思ったヒト、まだまだ甘いで~!

自然の効果は、【偽物の自然】にもあります。

何の事? って思った? こういう事です。

自然の音、自然の画像、自然の動画等、

これらに触れただけでもリラックス効果は

得られるという事です。

音で言えば、「小川のせせらぎ」、

「海の波」、「自然の雨音」、

「草原のそよ風」、「たき火」、

こんなのはユーチューブで検索すれば

いくらでも出てきます、しかも映像つきで。

自然の画像もネットでいくらでも落ちてるし

百均にいけば、ポスターやカレンダー

あります。

つまりリラックスする手段は無限!!

 

まあ素人のたわ言としてお聞きください。

ただ苦しんでいる人がいるとすれば、

なんとか立ち直ってほしいな~、

という気持ちに嘘はないので、

すみません!

 

という訳で自然でリセットできたら

ゲームやろうぜ!!

たまには、ゆるゆるで、いこう!


まんがでわかる 最高の体調